お客様一人ひとりにとって、最高のおもてなしを 武藤 圭  本店営業部

感動の瞬間に携わる仕事にやりがいを感じる

私が大学2年生の時、姉が結婚式を挙げました。昔から憧れていたミキモトのティアラをつけて登場した姉の笑顔と、その姿を見た両親の感動と喜びが忘れられず、このような素敵な瞬間に携わる仕事がしたい、と強く思ったことがミキモトを志望した始まりでした。現在は入社4年目、銀座本店のブライダルジュエリーのフロアで婚約指輪や結婚指輪を選ぶお客様のお手伝いをしています。単に品質やデザインのご要望を伺うだけではなく、お客様のライフスタイルによってもジュエリーのプロとしておすすめできる指輪は変わります。「意外に思われるかも知れませんが、こちらのデザインはいかがですか?」と思い切って全く別のご提案をすることがあります。「自分では気付かなかったけれど、とてもいいですね。」と言われ、驚きと一緒にこぼれる笑顔を見ると、お客様との距離が近くなったように感じ、とてもやりがいを感じます。

お客様の期待に応えるためにたゆまぬ努力を

入社以来、海外からのお客様と接する機会に多く恵まれました。特にアジア圏のお客様と接客を通じてお話しすることが増え、もっとお買い物を楽しんで頂きたいと思い、社内の『接客中国語会話研修』を受講して勉強を始めました。覚えたての中国語がお客様に伝わって「とても楽しく買い物ができたよ」とおっしゃっていただいた時は非常に嬉しく感じました。ミキモトの研修は語学や商品知識だけでなく、接遇についてなど幅広く学ぶ機会が多く設けられています。最高の接遇を求めて世界中からご来店されるお客様の期待に応えるためにも、常に自分自身を磨き続け、心のこもった笑顔で世界中のお客様におもてなしをしたいと思っています。

ミキモトブランドの魅力を、皆さんと一緒に発信したい

私がミキモトで一番誇れるものは、一緒に働く仲間です。様々な職場がありますが、それぞれチームワークを大切にするという意識が共通していると思います。先輩の立ち居振る舞いに憧れて追いつくための努力をし、同期のスキルアップに触発されて上のステップを目指し、後輩には自らの失敗談を話して反省を伝えていくことができます。チームワークを大切にする環境と仲間がいる、ということが自分自身を成長させていると感じています。ミキモトは美しいジュエリーに囲まれ、世界中のお客様に感動を届ける会社であると同時に、一人一人誇りを持って働けるブランドです。これを読みミキモトに興味を持っていただいた学生の皆さん、一緒に働けることを強く願っています。

Profile

武藤 圭

2013年入社 法学部 法律学科卒

商事統轄部→本店営業部

ミキモトで働くということ